タイトル画像

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
「ソウ 3」

 「SAW3」-----------------------------------公式ページはコチラ

sow3.jpg

■Asmik Ace Entertainment 108分 2006年 米 製作総指揮:リー・ワネル、ジェームズ・ワン 製作:マーク・バーグ 監督:ダーレン・リン・バウズマン 主演:トビン・ベル、アンガス・マクファーデン

      ■ストーリー ; 殺人現場に呼び出された女刑事ケリー(ディナ・メイヤー)は、                鎖に繋がれ、爆弾で飛び散った死体を目撃する。                死体が行方不明の同僚ではなかったことに彼女は胸をなでおろすが、                ジグソウはもう動けないはずだったことから、                誰の仕業なのか疑問を抱く。その夜、ケリーは何者かに拉致され、                気がつくと地下室に監禁されていた。       ----------------------------------------------------------------- 痛いです。モウレツに痛い。ネタばれになるといけないのであまり多くは語りますまい。だけどもう一回言います。痛いです。マゾな人ならかなり嬉しい映画です。<うそ前作「ソウ2」、前々作「ソウ1」に引き続きの残酷シーンは益々グレードアップした感。ただ単に残酷なだけではなく今回は一貫したテーマが明確でマルでした。この映画の題名の「ソウ」となってる主人公”ジグソウ”おじさまの生と死に対する美学(?)がヒシヒシと伝わってきたぞ。ああ美しきかな「人を許す事ができるかできないか」の究極の選択。あなたがジグソウのターゲットとなった時さてどう選択をするのでしょう。そしてその選択は正解なのかな・・・?映画の中に色々ヒントが隠されてたり「1」「2」の繋がりがよくわかるように製作されてて流れ的にも良かったです。さてさて、そしてラストからするとどうやら次の「ソウ4」へ続くっぽい?ここで一言、お前は「13日の金曜日」のジェイソンになるのか?それだけは勘弁してくれ。ひつこいから。なんでもアリになってしまうから。おバカジャンルにしないで下さい。お願いしまつ。お願いしまつ。同じように低予算映画と言われながらHITした映画に「キューブ」っていうのがあったけど「キューブ2」は・・・ちょっとこめかみ辺りに怒りマーク出たよね。思い出すと鼻息荒くなります。この「ソウ」には「1」「2」とあります。この「ソウ3」を観るならばぜーったい「1」「2」を観てからにするべし。最後に・・・「たいした事ないよ」と騙して連れて行った友人にごめん。わはは。

スポンサーサイト
| 雑記 | 08:35 |
| ホーム |

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

だいふく007

Author:だいふく007
だいふく的に撮った
デジカメ写真メイン。
その他モロモロやってますが
「人生相談」はやってません。
そんなとこですが
どうぞよろしくお願い。ぺこり。
(掲載写真&記事の
無断使用はご遠慮願います)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク(順不同)
RSSフィード
ケータイに送る?

QRコード

(=`ェ´=)ノTHANKS!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。